MENU

派遣社員の方もカードローン審査に通ります

カードローンの商品を見てみると、かなりの数の種類が出ていることがわかります。主婦向けであったり、アルバイトで生計を立てているフリーターの方達に向いた商品なども出てきています。

 

ところで、フリーターやパートタイマーとはまた少し働く形態の異なる派遣という立場、派遣社員の方達もカードローンの審査を通り、利用することができるようになってきています。

 

そこで派遣社員の人がカードローンの審査を受けるにあたって有利になるポイントについてお話ししたいと思います。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

ポイントの一つは勤続年数

 

カードローンの審査においては勤続年数が長いということが大変有利な条件の一つとなります。勤続していた間、きちんと収入を得ていたということになるからです。

 

審査するローン会社から見て最低ラインの勤続期間は約6ヶ月と言われており、これも最低6ヶ月ということですので長くなればその分だけ有利になる理屈です。派遣という働き方の特徴で一つの会社に留まって同じ仕事を続けるというのはなかなか難しいことになっていますが、これに関しては問題ありません。

 

ローン会社から見れば派遣会社に籍を置き続けて長く働いているということになるからで、同一の仕事を続けているかどうかは特に問題にされません。

 

もう一つのポイントは長期派遣の経験

 

長期派遣の経験があるのはカードローン審査においてはかなり有利なポイントとなります。

 

派遣契約の期間が延長され、長期の派遣になったということはつまりそれだけその人が有能で派遣先の会社に必要な人材であるという証になる訳です。

 

ローン会社から見ると突然職を失うようなリスクの少ない人、安定的な収入の継続が期待できる人ということになるのです。これはぜひアピールしておきたい点です。

プロミスの「フリーキャッシング」は正社員でなくても利用できます!

 

プロミスの「フリーキャッシング」は、アルバイトやパートの方でも利用可能な利用条件の低い商品です。申し込み条件がとても緩やかなので、他社の審査は全滅…といった方でも、なんの問題もなくパスできた!という声を多く聞きます。

 

では、一緒に確認していきましょう。

 

まず、申し込み条件です。

 

20歳〜69歳の「安定した収入のある方」となっています。安定した収入があれば、正社員でなくてもOK。

 

アルバイトやパートでも申し込みできるということです。例えば、フリーターや主婦、学生などでもアルバイトやパートである程度安定した収入があれば、申し込みをして審査を受けることができます。

 

次に、必要提出書類として、本人確認書類が必要です。

 

「運転免許証」があればそれでOKです。持っていない場合は、「保険証」や「パスポート」などでも大丈夫です。

 

外国籍の場合は、「在留カード」や「特別永住者証明書」を提出してください。書類に記載されている住所と現住所が違う場合は、「納税証明書」や「公共料金の領収書または請求書」があれば問題ありません。

 

 

さらに、注意しなくてはならないのは、キャッシング希望額が50万円以上のときは「収入証明書」の提出が求められることです。

 

アルバイトやパートでも同様です。プロミス以外の他社からキャッシングをしていて、利用残高の合計が100万円以上の場合も「収入証明書」の提出が求められます。

 

収入証明書として「源泉徴収書」や「確定申告書」、「給与証明書」などを提出すればいいので、そんなに難しく考える必要はありません。

 

アルバイトやパートの方がプロミスの審査を受ける場合、収入金額よりも重要なのが「勤続年数」です。確実に審査のパスを目指すのであれば、半年以上の勤続年数が不可欠です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日